感じたまま 思ったままに。


by rio-dasu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ドリームガールズ

d0111514_14274869.jpg監督 ビル・コンドン
出演 ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マーフィ 、ジェニファー・ハドソン


エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出され、大スターのジェームズ・“サンダー”・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューするが……。 (シネマトゥデイ)


ブラボー!ブラボー!でした。
こういう映画は絶対映画館で観るべきです。
ストーリーはありがちで、先が読めてしまうのだけど、
そんなの全然関係なし。

どの歌も圧倒されっぱなしです。
とくにジェニファー・ハドソンの歌は彼女の魂の叫びという感じで、恐ろしさまで
感じました。

エフィーの歌う歌はどれも情感たっぷりで、下手な役者より何倍も歌だけで
私の感情を揺さぶりました。
でも、いつもいつも、全力投球の歌声を聞かされてたら、ちょっとげんなりしそう~~とも思いました。

ディーナ役のビヨンセのスターになってからの美しさにほんとに惚れ惚れしちゃいまう。
歌的には、ジェニファーに押されっぱなしって感じもするけど、後半に聞かせる
「Listen」は、力強くて自立しようとしている女性の心情を歌い上げていて、
胸がキュキュンとなりました。

堕ちていくスターの光と影を驚きの歌唱力と、パフォーマンスで見せてくれたエディー・マフィはさすがでした。

一つになってたファミリーを自分の欲望で壊してしまった、ほんとに最後は鼻持ちならない男になったカーティスの最後のマヌケ面。

男ってほんとダメダメじゃん、って思わせてくれたところも私には痛快でした。

エンドロールもハリウッド映画にしたらとても凝っていてオシャレで、
最後までルンルンの気分で観ることが出来ました。
[PR]
by rio-dasu | 2007-02-23 21:23 | 映画