感じたまま 思ったままに。


by rio-dasu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:本( 1 )

そのときは彼によろしく

d0111514_1665148.jpg
出版社: 小学館
著者 : 市川拓司

小さいなアクアショップを営む「ぼく」のもとに、一人の美しい女性がアルバイトにやってくる。やがて二人の間にあった不思議な縁が、ぼくの人生を動かし始める。市川拓司テイストたっぷりのファンタジックな青春小説。  ~Amazon~

この人のお話しは、どれも大人のための極上の童話みたいに感じます。
決してありえないのだけど、どこかでほんとは起こっている出来事なのかも・・
と信じていたい気持ちにさせてくれます。

生きることにちょっとくらい不器用でも、異性に上手に自分の気持ちを伝えられなくても
そんなことはたいした事じゃない。
自分の世界をきちんと持っていれば、とてもしなやかに心地よく生きていけるのですね。

友情、男女の愛、そして親子のあり方。
いろんな形の愛の物語り。

出逢った人、これから出逢う人、みんなみんな、今は逢えなくてもどこかで繋がっている、
そんな心強い気持ちにさせてくれました。

主人公智文のお父さんが、智史に伝言した言葉がとても素敵で、涙のかたまりのようなものが
喉をグッとせりあがってきました。

この人の題名の付け方はとても上手いと思います。
本の題名の意味がわかったときに、こんなに感動することなんて滅多にないもの。


この本を原作に映画が作られているそうです。
主演は山田孝之さん、長澤まさみさん、塚本高史さん。
うーん、イメージが全然違う(^^;
[PR]
by rio-dasu | 2007-03-06 13:57 |