感じたまま 思ったままに。


by rio-dasu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ロシア美術館展 ( 1 ) タグの人気記事

国立ロシア美術館展

d0111514_160941.jpg
会期終了間際になって駆け込むように上野にある東京都美術館で
開催されているサンクトペテルブルク「国立ロシア美術館展」を見てきました。

ロシア美術ってよくわからないし、「エルミタージュ美術館展」や、「プーシキン美術館展」
の時のようにヨーロッパの有名な画家の絵が展示されているわけでも
ないので、あまり期待はしていませんでした。

それが、それが・・・・・・
素晴らしかったです!! 面白かったです!!
次々に現れる絵をワクワクしながら見ていきました。
こんなに絵を見るのが楽しい~~~って思ったことはなかったかもと
思うくらい自分の気持ちが昂揚してるのがわかりました。

肖像画も風景画もとても写実的に描かれているのだけど、
ただ写しとったという感じではないのです。

人物画はキリッと見据えたような瞳が印象的なものが多かったです。

風景画もまるで写真のようなんだけど、奥行きがものすごくあって
そのままその風景の中に入り込んでいく秘密の入口のようでありました。

特に私が素敵だと思ったのは「イヴァン・アイヴァゾフスキー」という画家の
「穏やか海岸、凪」 「月夜」 「天地創造」 「アイヤ岬の嵐」という4枚の絵。

一番大きな作品の「アイヤ岬の嵐」は215.0cm×325.0cmという大変大きな作品でも
あったのだけど、荒れ狂う海に今にも飲み込まれそうな船が描かれているその
作品そのものが、見つめている私の目の前で今にも動き出しそうでびっくりしました。

d0111514_17334139.jpg写真は「月夜」です。
本物の月夜の海よりずっとリアリティがあるような気がしました(笑)



d0111514_17374938.jpgそしてもう一枚の写真は
「ヘンリク・シェミラツキ」という画家の描いた「マルタとマリアの家のキリスト」という作品です。
この絵も191.0cm×302.5cmというとても大きな作品でした。
とても大きな作品なのに、とても緻密に描かれていて、
まるで映画のワンシーンを見ているようでした。
やわらかい木漏れ日と妹マリアに優しく語りかけるイエス。
その穏やかな空気の中に自分も入り込めそうな、そんな気がする一枚でした。

絵の中にはロシア革命前の民衆が苦境している時代背景が色濃くでているものもありました。

ほんとにバラエティーに富んでいて、楽しい時間を過ごすことができました。

侮りかたし、ロシア美術でした。
会期終了も間近なのに、有名な画家の作品が乏しいからか、いまいち盛り上がりに
欠けた感じなのが残念です。

会期は7月8日(日)までです。
国立ロシア美術館展
[PR]
by rio-dasu | 2007-07-04 17:40 | 美術展